| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

キャバリア&パグ!WANS.tokyoの日々の徒然


キャバリアとパグのコンビ、珍しいってよく言われます。でもとっても相性いいんですよ(^_^)☆
だってうちでは、パグはキャバを救う(^_^)v
パグちゃん結石経験記録
2
JUGEMテーマ:犬の健康管理

今日は以前少し触れました、うちのパグちゃん”だいず”の結石について書こうと思います。犬

2013年11月のことです。
家のトイレでオシッコをした後、いつものようにオ○ンチンをティッシュで拭うと、
「あれっ?ちょっと赤い・・・血?」 
しばらく経ってまたおしっこ。今度は足を上げて引っ掛けるシートに明らかに鮮血が飛び散った・・・。悲しス。
血の気が引いた・・・。病院へ・・・。


レントゲン写真に小さな白い転々がいくつか写っていました。膀胱結石。
もしストルバイトであれば、食事や薬で体の外へ排出できる可能性あり。
もしシュウ酸カルシウムであれば、取る方法は手術のみ。

せめて前記を願いましたが、結果はシュウ酸カルシウム。Docomo_kao19
石が大きくならないように、尿道に移動しないように、しょっちゅう検査して診ていく。
もしくは手術。手術代は?と聞くと・・・20万はいかないくらいでしょう。きゃー
(そんなこといってられないけど、現実問題保険に入っていなかった我が家には、そっちも考えてします。)
先生によると、今すぐ手術しないと・・・、ていうわけではないと。ならばその場で結論は出さずにと、家へ・・・。

だいずの様子はというと・・・、出血はもうしていないけど、おしっこするのに物凄く時間がかかってる。
足を上げておしっこがぽたぽたと・・・、あまりに長くてよろけるほど。ゆう★
思いっきり出ないため、常に尿意がもよおすみたいで、何度も何度もトイレに走っていく。
ほんとに走って行くんです。ちゃんとトイレに。

そしてとうとう夜寝ようとしていた時、トイレに走って行こうとして粗相。
自分でも何が起こっているのか分からず、凄くとまどっているのがよく分かりました。
ちゃんとトイレでしたいのに・・・。ほんとに可哀想でした。
手術して全部取ってもらおうと决めました。犬

手術当日、石が少し尿道の方に近づいていて、途中で先生から☎があったりで・・・、
予定よりも時間も長く、もう心配で心配で、心臓が口から出そうでした。
無事終了!  良かったびっくり





抜糸後もきれいです。


という経験がだいずにはあります。
先生からは、これからはとにかくお水をたくさん飲ませて下さい。
それから食べるものは療法食のみ。 あまりにかわいそうです。
他に食べていいものはないんですか?と聞くと、カルシウム、マグネシウムが入ってないものをよく調べたうえで。
素人には難しい・・・。

いろいろ調べてみると、大型犬には結石は少ないらしい。同じようなフードを食べているのだから、
フードが原因とは一概に言えないという意見も。だから、単にカルシウム等が入っていない療法食にしてしまうと
逆に必要な栄養が取れなくて、他の病気の原因にもなりかねない。という意見も。
療法食にしていても、結石はかなりの確率で再発しているみたいだし。
どうしたらいいの〜???素人にはお手上げ状態。

結石の予防策!!!
ただお水はとにかく飲ませないといけないのは100%正解みたいです。
水分摂取がともかく大事!
ただ、相手はワンちゃん。
1日これだけの量は飲んでって言っても飲むはずがない。
.奸璽匹某緤を含ませて一緒に摂取。
⊃緤量の多い、缶詰フード。
水分が多い肉や野菜をトッピング。
た紊世韻念まないワンちゃんには、ヤギミルクの粉末・魚の粉末などで水に少し味をつける。
セ曲發硫鷽瑤鯀やして自然に喉が渇いて水を飲むようにする。
etc   etc  ・・・・・。

1日の水分必要量汗
体重3キロで260cc・体重5キロで360cc・体重10キロで590cc・体重15キロで720ccという計算になるみたいです。
(飲む水分だけでなくフードに含まれる水分も含めての量です)
この限りではないと思いますが・・・。

うちは、それまでペットボトル逆さまタイプだけだったのですが、ピュアクリスタルを併設。
カルシウムやマグネシウムを除去するタイプ。
多分、飲みやすさの違いだと思いますが、飲む量は、明らかに増えました。
だいずだけでなく、ちゃいむもお水はそちらからのみ飲んでいます。
ペットボトルタイプももちろん置いてあるんですが、そっちからは殆ど飲まなくなりました。
舌の下で掻き込む飲み方のワンちゃんは、実は飲みにくかったんでしょうか???
こちらも、その子達それぞれではあるでしょうが。



現在にいたるまで、再発はしていません。犬
これからも頑張ってもらわないと・・・。犬

長々読んで頂いた方、ありがとうございます。
しゃべれない大切な大切なパートナー、元気で楽しく過ごすために、常に観察観察。
心の声を出きるだけ聞いて上げるようがんばりましょう。


こちらも良かったら







 
|14:08| 「犬の結石予防」「シュウ酸カルシウム」 | comments(0) | - | posted by WANS.tokyo
| 1/1 |
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.